借金返済でアコムを利用するときに頭に入れておきたい限度額のこと

他社の借金返済のためにアコムを利用する方は多いですが、この場合はおまとめローンとして利用するのが好ましいです。
カードローンという名目で借入してしまうと、再び浪費をしてしまう可能性があります。
アコムでは他社借金のおまとめ用として貸金業法に基づく借換え専用ローンを用意しています。
こちらはおまとめ専用ローンなので、それ以外の用途で借りることはできません。

アコム店舗の一般カードローンと違うところは、総量規制の対象にならないことです。
総量規制の対象になるローンだと、必然的に借入できる金額が制限されます。
他社から100万円の借金をしており、自身の年収は300万円という方ならアコムのカードローンは利用できません。
多目的ローンのカードローンは、総量規制によって借りられる金額が年収の3分の1以内に制限されるからです。
こうした場合でも、おまとめローンなら総量規制による限度額は設定されないので、おまとめ分を全額借りることも可能なのです。

借金を返済する上で大切なのは、いかに利息を抑えていくかでしょう。
例えば借り換えによって金利が高くなるようでは意味がありません。
最低でも金利据え置き、利息は数%の引き下げをすることです。
借入額にもよりますが、2~3%も金利が違ってくれば毎月の返済額が減るのが実感できます。
高額を借りている方にとって、数%の金利の違いはかなり大きいものです。
借金返済のためにアコムを利用する方は、利息制限法の範囲内なら通常のカードローンで返済に充てるのもよいでしょう。